おすすめ!佛光山佛陀紀念館

おでかけ

台湾第二の都市高雄。

蓮池潭の龍虎塔や美麗島駅が有名ですが、私は佛光山佛陀紀念館も大変おすすめします。佛光山佛陀紀念館は旅行雑誌に載っていたとしてもちょこっとしかスペースがなくあまり有名ではないのですが、高雄に訪れた人にはぜひ行ってほしいと思い紹介させていただきます。

高雄の有名な仏教寺院「佛光山」

台湾高雄市大樹区の丘陵地に広がる有名な仏教寺院「佛光山」。佛光山佛陀紀念館は佛光山に隣接する博物館で、広大な敷地には驚かされます。本当に広い!ここにいると異国に来たのだなと常に感じさせられます。

佛光山佛陀紀念館への行き方

佛光山佛陀紀念館へは左營駅からバスで行くことができます。高雄客運バスの哈仏快線または議大客運バスの8501番に乗りましょう。乗車時間は30~40分ほどで運賃は70元(約250円)。高雄駅や鳳山駅からも佛光山佛陀紀念館行きのバスが出ています。

左營駅は台湾新幹線の南端の駅で、高雄への入り口の駅となっています。新幹線のほか、MRTの紅線も通っており高雄駅、高雄國際機場駅から一本で行くことができます。

佛光山佛陀紀念館は広大な大仏のテーマパーク

入館料はなんと無料!私は利用しませんでしたが無料館内案内ツアーもあるようです。無料ガイドの申し込みはホームページから可能です。

高雄市の観光地は無料のところばかりで驚きます。運営のお金はどこから来ているのか気になるところです(笑)

開館時間は平日が9:00~19:00、土日祝が9:00~20:00ですが、本館の閉館時間は平日18:00、土日19:00と一時間早くなっているのでご注意ください。私は知らずに本館をゆっくり見ることができなかったのが心残りです。

佛光山佛陀紀念館の入り口である禮敬大廰にはお土産屋やレストラン、おしゃれなカフェが入っています。雰囲気はデパ地下に似ています。

禮敬大廰を抜けると広大な敷地に圧倒されます。

なかなか本館に近づかない(笑)

この成佛大道の左右にそびえたつ塔は8塔と言い、いつかの塔には入ることができます。八道塔では佛光山佛陀紀念館の紹介映像、六度塔では星雲大師の一筆時書法を見ることができ、四給塔では佛光文化出版社が出版した多言語の書籍が販売されています。

8塔を抜けると本館入り口です。

本館は地下1階がある地上3階建ての建物で高さ50m、4000坪の広さを有しています。

本館には様々な展示物があり、ブッタの一生などを物語で知ることができます。

掲示物は中国語と英語で、もっと語学を勉強しなきゃと思わされました(笑)

中でも金仏殿は圧巻でした。

壁には約6000たいの小仏像があり、殿内4本の柱には「金剛般若波羅蜜経」の経文彫刻があります。声を発してはいけないような神聖な雰囲気に包まれていました。

ポケモンがいっぱい?藏經樓への道

佛光山佛陀紀念館に訪れたとき、禮敬大廰を通る前に禮敬大廰左手の道へ進み、藏經樓に行きました。観光客はほとんど佛光山佛陀紀念館へ進み、藏經樓に行く人はほとんどいませんでした。

道中ポケモンが。。。?(笑)

ほかにもラプラスやカモネギなど多くのポケモンが陳列されていました。思いがけないところで楽しむことができましたが、これはいいのでしょうか。。。(笑)

藏經樓に到着!

こちらもとても広大で、異国に来た気分を存分に感じることができました。人が全然いないのも不思議な感覚で新鮮に感じました。

佛光山佛陀紀念館は左營駅からバスで行くことができるので、有名な蓮池潭を見た後に行ってみるのはいかがでしょうか。異国感が存分に感じられますよ!おすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました